酵素ドリンクの効果に期待できることとは

酵素ドリンクの効果とは

酵素ドリンクの効果に期待できることとはどのような内容なのかを紹介しています。
人間が酵素を体に取り入れると、

  • あらゆる病気を治癒できる
  • ダイエットに効果がある
  • 若返る

等といわれ、酵素を多く含んでいるドリンクやサプリメント、食品等が今とても人気です。

 

特に酵素ドリンクはジュース感覚で手軽に取り入れられると特に人気が高くなっています。

 

酵素はそもそも体内に含まれる成分ですから体内で生成できますが、それでも酵素をもっと多く取り入れなければいけないと認識している人が多く、酵素を多く含んだ商品の売れ行きが増加傾向にあります。

 

酵素を摂りたいと考えている方の主な目的は

  • 健康維持
  • 美容
  • 病気の治療

が多いようです。

 

酵素は食物の消化や代謝に必要不可欠で、消化量、代謝量が増えるとそれだけ多く消費します。エネルギーも消化や運動等で代謝量が増えると消費されていきますが、役割は全く違います。

 

エネルギーは体のあらゆる組織を動かすために必要で、車で例えるとガソリンの役割を果たします。対して酵素は栄養素やエネルギーを消費したり生成する為に必要とされる成分であり、1つの酵素につき、1つの仕事しかしない特性を持っています。

 

更に酵素が体内で働く為には、パートナーとなってくれるものが必要となります。

 

そのため、いくら酵素自体が多くても、パートナーになる成分の数が少ないとあまり意味がありません。

 

また、酵素は熱に弱く、より多くの酵素を取り入れるための調理方法が限られてきます。

 

現在では果物や野菜から生の栄養素をなるべく残せるジューサーが登場し、エキスだけを手軽に抽出して家で酵素ジュースを楽しめる便利な家電製品もあるようです。

 

酵素を多く含む食品を摂取する方法は他にも多く存在しますが、サプリメント等は加工を必要するため、加工時点で生の酵素はほぼ摂れなくなってしまう言ってもよいでしょう。

 

果物や野菜のエキスは生の状態で摂らないと効果が得られないため、美味しく手間をかけずに摂取できる酵素ドリンクが最も効率良く酵素を取り入れられる方法と考えられています。

 

酵素ドリンク 効果 おすすめナンバー1

お嬢様酵素公式サイト

↑お嬢様酵素の公式サイトはこちらから↑

酵素ドリンクはダイエットに効果的といわれている

酵素ドリンクはダイエットに効果的だと言われています。

 

酵素は体内で消化酵素と代謝酵素の2グループに分類され、最初に消化酵素として使用し、残った酵素が代謝酵素として使用されます。

 

この消化酵素と代謝酵素のうち、ダイエットで重要となるのが代謝酵素です。

 

ですから、代謝酵素の数を確保するには消化酵素として使用される酵素の量を無駄に増やさないことが大切で、その方法とは、消化が悪い食事を控えるようにするというものです。

 

ここで言う消化が悪い食事とは油脂類を多く含む食品であり、スナック菓子、揚げ物、ジャンクフードや加工品などの食品が挙げられます。

 

栄養素は大別すると

  1. 糖質
  2. たんぱく質
  3. 脂質

に分けられ、中でも最も消化が早いのが糖質です。

 

次にたんぱく質で、脂質が最も消化が遅い栄養素となります。

 

糖質は口内のアミラーゼという唾液に含まれている酵素によって分解されていきます。

 

次にたんぱく質ですが、これは胃液の中にあるペプシンという酵素によって分解されていきます。

 

脂質は、リパーゼという膵臓から分泌される消化液の中に含まれる酵素によって分解されますが、脂質が胃から十二指腸を通過した時に消化されていきます。

 

そのため、どうしても胃の中に存在する時間が長くなり、糖質の解消にかかる時間が2時間なのに対し、脂質は約6時間ほど滞留します。

 

それだけ消化に時間を要するため多くの消化酵素を必要としますので、酵素の消費量が増えてしまいます。従って、ダイエットに重要な代謝機能が十分になされなくなるので、酵素ドリンクを摂取することで酵素を多く取り入れて代謝酵素を不足させないという話しに繋がっていく訳です。

便秘の改善やデトックス効果が酵素ドリンクに期待される

数年前くらいから、デトックスという言葉を良く耳にするようになりました。

 

デトックスとは、体内、特に腸の中の不要な物・余分な物を除去していくという、いわゆる腸内環境の浄化を行うことを言います。

 

このデトックスを行うと、

  1. 体のむくみ
  2. 肥満
  3. 疲れの解消
  4. 内臓機能の回復
  5. 血液がサラサラになる
  6. 吹き出物や便秘が解消される

という様々な効果が出てきます。

 

吹き出物は毛穴に余分な油脂が蓄積してしまい毛穴が塞がってしまうことが原因で生じます。

 

便秘は、偏食や不規則な食生活や無理なダイエットによる栄養分の摂取量に偏りが生じてしまい引き起こされます。

 

また、運動不足により腸の働きが悪くなるとスムーズに便を排出しなくなり、腸内に蓄積したままになり便秘になるケースも多いようです。

 

酵素を取り入れるようにすると代謝機能が良くなるので自ずと腸の働きも良くなり、便秘の解消につながっていきます。

 

酵素の役割は、体の機能を十分に発揮させるものですが、現在、多くの人が持っている疾病や様々な体の悩みは、体の機能が十分に発揮させられていないために起こるものです。

 

そのため、体の機能を正常にし、十分に発揮できる状態にしてあげれば、健康を維持でき若々しい体を保てます。

 

ちなみに、美容に良いからとコラーゲン等を多く含む食品を取っている人がいますが、コラーゲン等の効果を十二分に発揮するには、まず体内の余分な物を体外へ排出し、浄化させておく必要があるのです。

 

コラーゲンを摂取する前に、まずは酵素を多く摂取するようにした方が良いでしょう。

酵素ドリンクでより良い効果を得るための方法とは

せっかく、酵素ドリンクを飲用するのであれば、それなりの効果を出したいものです。実は少しの工夫で効果の出方がかなり違ってきます。

 

酵素ドリンクを飲む時間

酵素ドリンクを飲む時間は、空腹時、しかも起床時が最も望ましいでしょう。胃腸が弱い人は水などで薄めて飲むとよいですよ。

 

よく便秘解消の方法として、起床時にコップ1杯の水を飲むというのがあります。この便秘解消法は水を飲む事で、胃腸が活動を開始して腸の動きが活発になり排便を促すようになるからです。

 

更に毎朝の起床時に水のかわりに酵素ドリンクを飲むようにすると、水を飲んだ時と同様、腸の動きが良くなる上、酵素の吸収を阻害する他の食物が胃腸になく、酵素の吸収が一段と良くなります。

 

胃腸内に食物がないため消化酵素として消費されてしまう酵素の数も少なくなり、ダイエット等に大きく関係する代謝を高めるために利用される代謝酵素として取り入れられるようになります。

 

また、胃腸の調子が悪く便秘や下痢で悩んでいる人は、排便作用があるだけでなく、腸内環境を整えますし、消化酵素の数も充足していくため、消化不良を軽減させる事も出来ます。

 

酵素ドリンクは、1日に何回飲んでも支障はありませんが、他の食品と一緒に摂取すると酵素の吸収が悪くなってしまい、あまり意味がありません。

 

1日1回、起床時に飲むようにすれば、十分な効果が期待でき酵素ドリンクの無駄な消費も抑えられます。

 

酵素ドリンクは良質なもの程、高価です。なるべくコストを抑えた方法を選んで飲用を長く続けられるようにしたいものです。

酵素ドリンクとサプリメントの効果の比較

現在、市場に出回っている健康食品で最も多いのはサプリメントと呼ばれる、タブレット状やカプセル状の食品です。

 

次に酵素ドリンクや青汁などといったドリンク状のものや、水や牛乳に溶かして飲用する粉末タイプ等が多いようです。他にはゼリーやプリン状、ウエハース等の菓子類とほとんど変わらない形状のタイプがあります。

 

酵素を含んだ健康食品は、主にドリンクタイプとサプリメントタイプがあります。

 

酵素は熱や酸化に弱く、加熱などの加工をすると破壊されやすい性質を持っています。そのため、ドリンク状やカプセルタイプの物が最も適しています。しかし、タブレット状の物が劣っているという訳ではありません。タブレット状の食品は、酵素というよりは酵母を含んでいるものが多く、摂取した時に体内で酵素を生成させる事が可能となっています。

 

酵素ドリンクは自然に存在する酵素をそのままの状態で摂取できます。カプセル状のものは、酵素を多く含んだエキスを濃縮し、カプセルに入れており、僅かな量でも代謝機能が高まったり、便秘解消、美肌効果等、様々な効能が期待されます。

 

ただし、注意が必要なのは、カプセル状の物は他の栄養素も多く含んでおり、栄養素によっては日常の食生活で十分に必要量を満たしており、サプリメントの摂取により過剰摂取になってしまう場合も考えられます。

 

ビタミン類の中には過剰摂取をすると副作用を生じることが確認されているものもありますので、注意して下さい。